リズ ブルボーの『5つの傷』を読みました 

リズ・ブルボーの『五つの傷―心の痛みをとりのぞき本当の自分になるために』を読みました。

心の傷があると、自分を守るために仮面をつけるようになり、それが性格や言葉だけでなく、体つきや病気にも反映されるということが書かれています。

5つのきず

傷ができる過程

第1段階 自分自身でいる喜びをあじわう(本来の姿です)

第2段階 自分自身ではいられないという苦痛

第3段階 怒りと反抗

第4段階 あきらめ。自分自身ではなくなる(他者の思い通りの人格)

 

第3段階、第4段階で、仮面をつくり、第2段階で感じた辛さから身を守ろうとします。

 

2b0d9bd4

傷と仮面は5つの種類

<拒絶>による傷→→ <逃避する人>の仮面
<見捨て>による傷→→<依存する人>の仮面
<侮辱>による傷→→<マゾヒスト>の仮面
<裏切り>による傷→→<操作する人>の仮面
<不正>による傷→→<頑固な人>の仮面

 

傷が深ければ深いほど、仮面も厚くなります。

仮面をつけようとするのは、自分を守ろうとする時だけです。

仮面をつけることで、傷などないと思い込んでしまう。

でも、仮面をつけることでは、傷はなおらない。

 

 

仮面は外見から判断することができるそうです。

肉体こそが心で起こっていることを、忠実に反映するものだからです。

からだはとても高い知性を持っているので、解決すべき問題があれば、必ず何らかの手段で私たちにそれを知らせてくれます。

 

 

全部が自分にあてはまっているように感じても、実際には5つの傷全部を持っている人はほとんどいないそうです。

詳細は、非常に細かく本にかかれているので、読んでみるのをおすすめします。


五つの傷―心の痛みをとりのぞき本当の自分になるために
 

これらの仮面と傷を癒すのは、傷ができる過程を逆にたどっていくのがいいようです。

 

まず、仮面をつけていることを自覚する。

それに対する反抗的な気分を味わう

自分が苦しんでいたことを認め、親を恨んだことを受け入れる。インナーチャイルドの癒し、両親も苦しんでいた事に気づく

自分を心から愛する。すべてが学びのためにあったと心の底から分かる

 

 

傷と仮面が、性格や考え方のみならず、外見や病気となっても現れてくるというのが、ほんと興味深いです。

やっぱり、心と体と魂は一体だなと思いました。

 

 

 

ぴかぴか(新しい)一悟術ヒーリング(バーストラウマやインナーチャイルドの解消)
http://jophiel1011.com/ichigohealing/
ぴかぴか(新しい)

揺れるハート無料レポート:『自己肯定感を育む方法』プレゼントhttp://jophiel1011.com/?p=932

『女医が教えるチャクラと健康の関係』
http://jophiel1011.com/chakra/
揺れるハート




この記事へのコメント


この記事へのトラックバック