『母と娘の「しんどい関係」を見直す本』を読みました


母と娘の「しんどい関係」を見直す本』を読みました。



親子関係は大事ですね。
無意識に身につけてしまったものなので、問題があることに自分で気づきにくいのが怖いところ。



一見、仕事や友人の悩みと自分の親子関係とに、関係があるなどとは思えないと思うかもしれません。

けれども実は、自分が育ってきた家庭環境で〝習得したもの〟が、よくも悪くも、人間関係に大きな影響を及ぼしているのです。


しかも、本人が抱える困難が大きければ大きいほど、もとをたどっていけば家庭環境や親子関係に行き着きます。

長年かけて、親と子どもが共同で、知らないうちに人間関係の苦しみを育てているのです。


親も子どもも、傷ついてきた自分の過去を癒せずに苦しんでいます。

その傷を抱えたまま、知らないうちにお互いのエネルギーを奪い合っています。


 

私たちが自分の人生を振り返ったとき、家庭で体験したこと、とりわけ「つらかった」「寂しかった」「怖かった」など、〝感情レベル〟で実感したことは、心に強く印象づけられ、後の自分の言動に大きな影響を与える──。

一般家庭での出来事は、トラウマとして残ってしまうような深い痛手を負うよりは、日々の〝小さなこと〟の積み重ねです。

そんな小さな出来事の積み重ねが、自分の人生の言動パターンを決定づけ、人生の脚本の土台をつくっていくことになるのです。

自分の家庭や親子関係が、自分の生き方や考え方、物事に対する対処の仕方に影響を及ぼしている。

そしてその結果、家族以外の人間関係に問題が起こってしまう。それらはすべて、家庭で身についてしまった偏った常識に起因している。


まさにインナーチャイルドです。

自分では無意識に身につけたパターンなので、意識化しにくいまま、大人になっていろいろ問題を引き起こすのが、厄介なところです。


20130811.jpg


親に何を否定されたと具体的には思い出せないけど、なんか、何をしても何を言っても親に否定されたと感じる。
その裏にはこんな日常的な会話が関係しているかもしれないんですって。


母娘の会話に潜む「支配」  お笑いのネタ話のようですが、こんな会話があります。

母親が、 「まったく! 角のお総菜屋さん、値上げしたんだよ! 困るねえ」  と娘にぼやきました。

「へえ、じゃあ、また食費がかさむね。ほんと困るわね」
「でも、お店だって大変なんだよ。値上げしなくちゃ、やっていけないんだろ」
「えっ? じゃあ、仕方がないんじゃないの」
「なに言ってるんだい。高くなったら、買えなくなるじゃないか!」
「……じゃあ、買わなきゃ、いいじゃない!」
「買えなきゃ、どうすんのよ。料理が大変じゃないの!」
「私に言われても、どうしようもないよ!」
「なに無責任なこと言ってるんだい。誰のために料理してると思ってるのよ!」

ああ言えば、こう言う……。
一見、卓球の球を競技者が激しく打ち返すような速攻戦に、小気味よささえ覚えるかもしれません。



際限なく繰り返される「否定」

母親は娘の話を「耳と心でちゃんと聞く」ということもなく、条件反射的に反応して相手の言葉を「くつがえす」というくせがついているのです。

またそれがあまりに日常的なやりとりのため、もしかしたら本人たちは、自分が「否定的な感情になっている」ということにすら気づいていないかもしれません。

自分の感情に鈍感になってしまえば、打たれ強くなる代わりに、自分が、どういうときに傷ついたのかがわからなくなってしまいます。

でも、顕在意識では「傷ついていない」ように感じたとしても、
それは顕在意識の感じ方が鈍感になっているだけで、〝無意識の自分〟はしっかりと傷ついていて、それを知っています。


このことが、非常に重要なのです。


前出の「親娘の会話」の例は、お互いに「ああ言えば、こう言う」の会話になってしまっています。

相手の言うことに「耳と心を傾けて聞こう」としないので、こうやって、お互いに傷つけ合ってしまうのです。

にもかかわらず、この親娘は、自分たちが「傷つけ合っている」ということに気づきません。



こんな「傷つけ合う会話」をやめるには、どちらかが先に、相手を認める気持ちを持って、心を込めて「そうだね」あるいは「そうなんだね」と答えてみる。

このひと言だけでも、自分たちの関係を変えるきっかけをつくることができるでしょう。


20130825-12kitten


こんなふうに、事例を挙げて、親子の会話がたくさんでてくるのですが、、あるあるーと思えるものばかり。

日常のコニュニケーションの癖の積み重ねで、こんなにも傷つけ合う関係を作り上げていってしまうのか。

というのがよくわかります。

 

しかし、自分の親のコミュニケーションを、無意識に自分も取り入れてしまっているということは、

自分もよっぽど気をつけないと、傷つけ合うコミュニケーションをしてしまうということなので、

気をつけようと思いました。

 

 

ぴかぴか(新しい)一悟術ヒーリング(バーストラウマやインナーチャイルドの解消)
http://jophiel1011.com/ichigohealing/
ぴかぴか(新しい)

揺れるハート無料レポート:『自己肯定感を育む方法』プレゼントhttp://jophiel1011.com/?p=932

『女医が教えるチャクラと健康の関係』
http://jophiel1011.com/chakra/
揺れるハート


心屋仁之助さんの、「ダメなあいつを、なんとかしたい! 」を読みました

心屋仁之助さんの、「ダメなあいつを、なんとかしたい! 」を読みました。



面白くて、一気に読んじゃいました。

 

「ダメ彼氏が多い」と悩んでいる女性の心には、その相手の男性と同じ「心の傷」があるそうです。

例えば、

浮気男→外で認められたい→実は「自分は認められない」って思っている

そして、浮気男に悩む女性も、「自分が好きなひと」のところに行くのでなく、自分を「女として認めてくれる男性」を求めてしまう傾向があり、

根っこの「認めてほしい」という「思い」は同じ

つまり、浮気男は、 女性自身の「認めてほしいという心の叫び」の姿

といった具合です。

 

自分がが隠しておきたかったこと、認めたくなかった心が、 彼に映ってるというわけです。

 

20131002-1210.jpg

 

〔ダメ男製造機〕の特徴は、
●自分が役に立ちたい女
●自分が役に立つ女だと思いたい女
●自分のことをすごいと思いたい女

 

冷静に考えると分かるのですが、 自分のまわりができる男、素敵な男ばかりだと、 女性は「役に立つチャンス」がありません。

だから、自分が役に立つ女性になるためには、 ダメ男が「必要」になるわけです。
だから、彼をダメにしてしまうのです。

〔ダメ男製造機〕の女性は、彼の「できない面」を引き出すのが、うまいんです。

甘えたい自分、 はガマンして、自分が役に立つことで、 存在価値をたしかめているのです。

ダメではいけない、 という子どものころの経験が、作り出しています。

その「ガマン」は、思わぬかたちで目の前に現れます。 それが、ダメ男です。

 

 

そして、〔ダメ男製造機〕から抜け出す方法も書かれています。

しかも、えっ こんなことが?! という意外な展開になっています。

 

期待に応えたい、役立ちたい、助けたい、
その気持ちが「そうしないと愛されない」ではなく
「愛されているから」そうしたい、という動機に変化したとき、
奪い合いの愛から、循環する愛に変わっていくのでしょう。

 

すごくわかりやすいし、物語になっていて面白いのでおすすめです。

 
ダメなあいつを、なんとかしたい!


 

 
ぴかぴか(新しい)一悟術ヒーリング(バーストラウマやインナーチャイルドの解消)
http://jophiel1011.com/ichigohealing/
ぴかぴか(新しい)

揺れるハート無料レポート:『自己肯定感を育む方法』プレゼントhttp://jophiel1011.com/?p=932

『女医が教えるチャクラと健康の関係』
http://jophiel1011.com/chakra/
揺れるハート


リズ ブルボーの『5つの傷』を読みました 

リズ・ブルボーの『五つの傷―心の痛みをとりのぞき本当の自分になるために』を読みました。

心の傷があると、自分を守るために仮面をつけるようになり、それが性格や言葉だけでなく、体つきや病気にも反映されるということが書かれています。

5つのきず

傷ができる過程

第1段階 自分自身でいる喜びをあじわう(本来の姿です)

第2段階 自分自身ではいられないという苦痛

第3段階 怒りと反抗

第4段階 あきらめ。自分自身ではなくなる(他者の思い通りの人格)

 

第3段階、第4段階で、仮面をつくり、第2段階で感じた辛さから身を守ろうとします。

 

2b0d9bd4

傷と仮面は5つの種類

<拒絶>による傷→→ <逃避する人>の仮面
<見捨て>による傷→→<依存する人>の仮面
<侮辱>による傷→→<マゾヒスト>の仮面
<裏切り>による傷→→<操作する人>の仮面
<不正>による傷→→<頑固な人>の仮面

 

傷が深ければ深いほど、仮面も厚くなります。

仮面をつけようとするのは、自分を守ろうとする時だけです。

仮面をつけることで、傷などないと思い込んでしまう。

でも、仮面をつけることでは、傷はなおらない。

 

 

仮面は外見から判断することができるそうです。

肉体こそが心で起こっていることを、忠実に反映するものだからです。

からだはとても高い知性を持っているので、解決すべき問題があれば、必ず何らかの手段で私たちにそれを知らせてくれます。

 

 

全部が自分にあてはまっているように感じても、実際には5つの傷全部を持っている人はほとんどいないそうです。

詳細は、非常に細かく本にかかれているので、読んでみるのをおすすめします。


五つの傷―心の痛みをとりのぞき本当の自分になるために
 

これらの仮面と傷を癒すのは、傷ができる過程を逆にたどっていくのがいいようです。

 

まず、仮面をつけていることを自覚する。

それに対する反抗的な気分を味わう

自分が苦しんでいたことを認め、親を恨んだことを受け入れる。インナーチャイルドの癒し、両親も苦しんでいた事に気づく

自分を心から愛する。すべてが学びのためにあったと心の底から分かる

 

 

傷と仮面が、性格や考え方のみならず、外見や病気となっても現れてくるというのが、ほんと興味深いです。

やっぱり、心と体と魂は一体だなと思いました。

 

 

 

ぴかぴか(新しい)一悟術ヒーリング(バーストラウマやインナーチャイルドの解消)
http://jophiel1011.com/ichigohealing/
ぴかぴか(新しい)

揺れるハート無料レポート:『自己肯定感を育む方法』プレゼントhttp://jophiel1011.com/?p=932

『女医が教えるチャクラと健康の関係』
http://jophiel1011.com/chakra/
揺れるハート