「震え」って実はすごい!TRE(トラウマ・リリース・エクササイズ)

ワークショップで効果がすごかったから、もいっかい本『人生を変えるトラウマ解放エクササイズ』を読み直してみました。




人間は生存の危機に陥った時、自分を守るための緊急装置をもっていて、
あらゆる身体的、心理的ストレスに反応して脳内ではホルモンが産生され、そのときに不要な体の機能をすべて停止させ、生き残るために必要なものだけを活性化しますどんっ(衝撃)
そして筋肉は、危機に瀕したときにはすべての人間がおこなう原初的な反応として、体の前面にある屈筋を収縮させて、胎児のように縮こまり傷つきやすい部分を守ろうとします。この時収縮する主要な筋肉は大腰筋ですパンチ

生存の危機に陥った時にこういう自衛反応が起こり、ストレス状態が終わったらリラックスした状態に戻ることが出来れば、問題ありません決定
しかし、人間は自衛体制に入るのは得意ですが、リラックス状態に戻ることが不得意なため、トラウマとなる出来事のあともトラウマの影響が長く続き、体の緊張が続き、不安を感じ続けることになってしまいやすいのですちっ(怒った顔)

動物たちは、全身を震わせることで、自衛反応がおこった状態からリラックスした状態に戻ります犬
怖い目にあうと、戦うか逃げるかするために必要なエネルギーを作り出しまが、それが必要なくなったら、体はそれを放出するために震えるのです。

人間も動物と同じように、動揺したり神経質になったりすると自然と震えがおこります。このような震えは「神経性の震え」といわれ、人間の体に最初からそなわっている自然現象で健康的な機能のひとつなのですぴかぴか(新しい)
しかし、人間は「恥ずかしいから」、「社会的に受け入れられない」、「弱いと思われるから」といって、自然に震える体験を抑圧してしまい、リラックスした状態にもどることができなくなっていますあせあせ(飛び散る汗)

そして、もともとは緊急事態のときだけでいい自衛反応が、緊急事態の後もずっと続くことで、パニック発作、社会的不適応、心的外傷後ストレス(PTSD)、首の痛み、肩の痛み、胃や食道の不調などが引き起こしてしまいますバッド(下向き矢印)

TREでは、身体の核心部にある大腰筋に穏やかな自発的な振動を引き起こすことで、リラックス状態にもどれるように考えられているんですねひらめき

エアロビクスのような、脳の大脳皮質の支配下の運動では、頭(意識)が許すところまでしかリラックスできないのですが、

TREのような震えを起こす運動は、思考する脳(大脳皮質)を素通りして、無意識の脳幹に直接達するため、ストレスを解放しているという意識もなしに、体をリラックスさせ、ストレスを軽減してくれます。
脳幹1.gif

「震え」って、健康回復のために、もともと私たちに備わっていた機能だったんですねるんるんぴかぴか(新しい)
TREしてみて、これは実感できましたわーい(嬉しい顔)
もっと、震えようって思う今日この頃です。

TRE エクササイズ を始める前に
http://www.tre-japan.com/tre-とは/tre-を始める前/

TRE Japan
http://www.tre-japan.com